都展について

活動内容

  • 都展(公募展)の開催
    会場:東京都美術館
  • 春の都展(会員展)の開催
    会場:西新宿ヒルトンホテルB1ヒルトピアアートスクエア
  • 選抜展の開催
    会場:東京芸術劇場地下展示室(アトリエ イースト)
  • 機関誌「都民美術」の発行(年2回発行します。)
  • 研修会の開催(都展出品作品への審査員によるアドバイスを行います。)
  • 写生会の実施(宿泊・日帰り各年1回行います。一般の方の参加を歓迎します。)
  • 美術研究会の実施(絵画、創作絵画の実技の学習、作品研究等を行います。一般の方の参加を歓迎します。)
  • その他の行事

支部活動

世田谷支部、城東支部、練馬支部、城北支部の各支部において、支部展等を開催しています。

沿革概要

1965年 都民絵画研究会として発足。同年第1回展を開催しました。
1967年 会の名称を東京都民美術展運営会と改称しました。
1975年 東京都美術館新館開館と同時に同美術館で第11回都展を開催し、以後毎年同美術館で開催しております。出品点数も飛躍的に増加しました。
1981~1983年 第17~19回都展にはNHKの取材がありました。
1983年 第1回都民美術春季展(会員展)を東京セントラル美術館で開催しました。以後毎年開催しており、現在は西新宿ヒルトン・ヒルトピア アートスクエアで開催しています。
1988年 第1回プロムナード展(会員選抜展)を銀座プロムナードギャラリーで開催しました。以後毎年開催、現在は新宿駅西口プロムナードギャラリーで開催しています。
1998年 都民美術研究会を発足させました。毎月第1・第3日曜日に、主として文京区民センターで開催し、絵画、創作絵画の実技学習、作品研究等を行っています。
2009年 45周年記念都展開催時に記念行事の一環として、記念チャリティー展を開催、多くのご賛同を得て赤い羽根共同募金(東京都共同募金会)に50万円を寄付することが出来ました。
2010年・2011年 第46・47回都展は、東京都美術館の改修工事による休館のため、会場を北千住のシアター1010に移して開催しました。なお、会場壁面の都合で、作品を10号に限定しました。
2012年 第48回都展以後、新装成った東京都美術館に戻って開催しています。
2014年 50周年記念都展を開催。記念画集発行。NHKの取材もありました。
2016年 第52回展において、一般出品者の20号以下の作品の小品コーナーを設けました。
2018年 プロムナード展(会員選抜展)は、新宿プロムナード・ギャラリーから、池袋の東京芸術劇場地下展示室に会場を変更して、新しい選抜展としてスタートします。

役 員(2018年現在)

会長 横尾 勲
副会長 垣見久子・武田雪枝
事務局長 武田雪枝(副会長兼務)
経理局長 正井幸子

常任運営委員(2018年現在)

長谷俊男  熊倉幹子  杉原敏子  金子恭子  塩釜道子  田中 緑
酒井恵美子  伊藤 直  千秋節  川手文子  倉田壽和子  柴田洋司
武藤明美  青沼幸村  麻生恒雄  角田礼子  萩原和雄  山岸文子
段 純雄

会員数

399名(役員・常任運営委員を含む)

事務局

〒161-0033新宿区下落合2-6-10 武田雪枝方
都展事務局